4対1000の絶望的な戦い!『レフト4デッド―生存者たち―』はゲーセンに生き残れるか !?

Home / 砂印 / 4対1000の絶望的な戦い!『レフト4デッド―生存者たち―』はゲーセンに生き残れるか !?

はい。
4対1000の絶望的な戦い…で、お馴染みの砂印(サイン)ですm(。≧Д≦。)m

6回目となる今回は、アーケード版『レフト4デッド―生存者たち―』の話です。

IMG_20141216_094703

家庭用ゲームで知られている、走るゾンビがワラワラ現れる絶望感を味わえるFPS (一人称視点シューティング)『レフト4デッド』が12/10からゲームセンターに設置された事をご存知だろうか?

アーケード版レフト4デッドは、最大4人で襲い来るゾンビの群れから逃れ、時に撃破しながら目標地点を目指すオンライン協力のゲームです。

選べるモードは6つ!
・全国協力
・店内協力
・クラン協力
・シングルプレイ
・チュートリアル
・イベント

えっ?(。-∀-)…家庭用と何が違うかって?

実は家庭用とは、そんなに大差がありません。むしろ、プレイ毎にお金を使っているので、アーケードで出す意味があるのか?って状態で、この筐体がゲームセンターに生存できるかが、既に心配です。
先日、一人で遊んでいたら、後ろで見てる二人組に『遊んでるヤツいるんだな』って言われました。
…バッチリ聞こえてるからね(笑)

ゲームの操作感は片手にWiiのヌンチャク的な物を持ち、片手にマウスという、PC と家庭用の間にあるような状態になっており、これが新しいっちゃ、新しいかもです。

そんな開幕から劣勢イメージの『レフト4デッド―生存者たち―』ですが、良いとこもあります。それは、FPS という作品はアーケードでは、とても珍しいジャンルという事です。
もちろん、まるっきり無いわけではなく、様々なタイトルが稼働しては消え、また稼働しては消えを繰り返しています。
『サイバーダイバー』『ハーフライフ』『メタルギアアーケード』とか懐かしい(*´ー`*)
って、メタルギア以外はタイトーかw

今は本気で劣勢な状態ではありますが、日本もe-sportsに力を入れてきている今!
日本だからこそ!
アーケードでFPS というのは、大いに化ける可能性を秘めているのでは?と、本当に小さい光ですが、未来に繋がる一歩なのではと信じています。

ゾンビものという、敷居の高さはありますが、友達や彼女とダッシュで迫り来るゾンビの恐怖に立ち向かってみませんか?ゲーセンで騒ぐのって、楽しいんだぜ。

だから、みんなぁ!
ゲーセン行こうぜ!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ


Recent Posts
お問い合わせはこちら

ご意見ご感想お待ちしております!

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search

スクリーンショット 2014-12-18 10.27.09